プロフィール

せぃらん

Author:せぃらん
来てくれてアリガト♪
☆コメントありがとう♪


360度大自然に囲まれて
のんびりしたり忙しかったり
ぼ~っとしながら持病と
格闘したりしなかったり


2009☆お誕生日に
嫁になりました。
同居です☆

デジカメ画像 
持っていかないで 


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック



まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地面に這い蹲りながら
怖い怖いと
落ちてしまうから恐ろしいのだと
差し伸べた手にしがみついて
先には行けないからと
泣いてばかりいる。

ある日
ふと気がつくとニコヤカな君は

細い細い綱の上を笑い転げながら進んでゆく
とても楽しそうに。
危ないよ戻っておいでと言えば
怒ってあっちを向いてしまう。
僕は行かれないから戻ってきてと言えば
大丈夫ワタシがついているからと言う。
飛び跳ねて 幸せそうで
此の先も見ずに どんどん走って先に行く。

ある時

僕を目の前にしながら
アナタが居ないと寂しくて悲しくて
とても辛そうに涙を流す。
ここに居るじゃないかという言葉は飲み込んだ。
君の心の答えになっていないのを知っているから。
ずっとずっと抱きしめていても
それでも寂しくて悲しくてと
アナタが居ないのはとても苦しいと涙を流す。

それなのに

呼んでも 探しても 手紙をだしても
君はちっとも返事をしない。
全く、振り回されっぱなしだなと思った時
泥だらけで 煤だらけで ぼろ布みたいになった君
とても幸せそうで とても楽しかった様子で
ただいまと 胸に飛び込んでくる。
居ない間の冒険談を楽しそうに語る。
けれども 僕は毎回その言葉がよくわからないんだ。
スポンサーサイト

<< や~~~と!^^| ホーム| みんな!皆・・・>>


Comment

青嵐さん

分らないままに感覚的に書くことを許してね。

わたしのリアル友(男)が、今クアラルンプールにいて、リアルブログの方で彼に偶然再会したの。20年ぶりくらいに。

お互い今も昔も似たような仕事してた^^
彼はわたしなんかより賢くて、でも話していてとても通じるヤツなんですよ。

英語圏にいながら、人種がたくさんいて、
日本人の子ども相手に仕事してるんだけど。
彼が最近言ってました。「理解しあえないことを、まず理解すること」って。英語という自由にならない言語を駆使してコミュニケーションとっていると、理解しようというよりも、それが大事だって。

当たり前だけど、凄いって思ったの。
だからこそ、少しでも理解しあおうと、こうして言葉を紡ぐのだけど。でも、どうしてもそういうことってあるんだよね。前に、哲学の講義を聴きに言ったら、日本語なのに、全然意味が分からないの。分からない世界ってあるんだ、って思いました。その友人が、「理解の強要は関係の死だ」って言ったのだけど、本当にそう。わたしはたくさん殺したかもしれない。

わかってほしい。わかりたい。愛する人にならなお更思う。大事なこと。でも強要ではないんですね。そうなんだって、思いました。

だから君もアタシも、悲しいんじゃないんですよね。それでいいんだって思いました。それでも一緒にいようと思えることがいいな。ピントずれてたら、勝手なわたしの思いってことで。。。

☆はな さん
「理解しあえないことを理解する」
って、とっても重要だと思います。
理解し合えないことを理解することは
分かり合えないのではなく、分かり合う第一歩かもしれませんね。
 私の場合は、言語の壁や文化の壁があるほうが、かえって素直に現実を何も曲げないで受け入れることが出来たような気がしました。で、壁があったり、理解し合えない部分があるからといって、相手を思いやる事が出来ないってわけでもないんだなって。
でも、日本で日本語が通じて 似たような経験があったり、、、、そういうほうが
理解しあえないなんて事無いんじゃないかな?なんて勝手に思って 強要しちゃったりして、関係が変にこじれたり。。。悩んでしまったり。

>だから君もアタシも、悲しいんじゃないんですよね
この詩の中の君もアタシも 悲しくないし
分かり合っていないわけではないんです^^
ビンゴーです^^はなさん。
いいお話、どうもありがとうございます♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 | BLOGTOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。