プロフィール

せぃらん

Author:せぃらん
来てくれてアリガト♪
☆コメントありがとう♪


360度大自然に囲まれて
のんびりしたり忙しかったり
ぼ~っとしながら持病と
格闘したりしなかったり


2009☆お誕生日に
嫁になりました。
同居です☆

デジカメ画像 
持っていかないで 


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック



まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーん。

減煙しようと思う。
一日2~3箱という、1mgだっていっても、完全に超ヘビースモーカーの私。
一日1箱に減らす。
減らして、もっと減らせるように頑張る。

以前、一度だけ減らして一週間で1箱までいったのに、超ド級ストレス事件が我が家で発生したのをきっかけに、リバウンドしたーーー><
ダイエットと同じで、リバウンドすると以前より増えるんだよね。

ダーリンの「子供欲しい」は何処まで本気なのかわかんないけど。
もし、出来てもいいように、頑張ってみる。

タバコを妊娠前にやめれば、非喫煙者とほぼ変わらない体重の子供が生まれてくる事が出来るらしい。タバコを吸っているままだと、体重の少ない未熟な子供になるそうだ。

てか、あーた。何十年吸ってきたよ?
でも、やってみる。減らすをまずはやってみよう。。。。

(未練タラタラ、吸わないわけじゃないくせにね)

私の病気とか性格に翻弄されない自分のペースを持っている人がいいっていう理想のほかに、私は、子供を授からなくてもいいけれど子供が好きな人がいいという理想がずっとある。
ダーリンは私の理想の人。
だけど、やっぱり将来考えるとダーリン的に子供が居たほうがいいと思うんだそうだ。

お薬沢山飲んできたし、今も飲んでいるし。
子宮に水(本当の水じゃないけど)が溜まる体質で、着床がしにくいことが予想されるから、妊娠希望の時は検査を受けるように産婦人科で言われているから、欲しい!ですぐに授かるとは思えないけれど。

っていうかーーー。
我が家に、お金ないですけど?

っていうかーーー。

ダーリンが産んで育ててくれたらいいのにとほぼ本気で思う。

とりあえず、減らす。
スポンサーサイト

<< 気疲れ・・・| ホーム| 紅葉>>


Comment

なんだかわくわくしてきてなぁ。

自分のためにタバコは減らさなくても、別の命のためになら、減らす。これってやっぱり愛かな。そしてそれが回り回って自分のためにもなるのかもしれない。もちろん他のために犠牲になるのはよくないけれど、他のもののための愛は、結局ハ自分への愛。もちろんダーリンへもね。
長くかかっても、いいじゃん。のんびりゆっくり進んでください。

私は25歳の離婚の時にタバコを覚えてしまった遅咲きスモーカーでした(^^;

まめをみごもったとわかった時、仕事でむちゃくちゃストレスの多かった時で
お酒もタバコも量が増えていたんです★
実際『やめれるんかな~・・・』と不安だったのですが、これ また不思議!
母体となったからか、全く吸いたいと思うことがなくなりましたよ♪
私の場合、お酒とセットってところが強かったのでそれもあるかも。

お酒は、飲み会とか居酒屋さんなんかに行く時にはさすがにさみしいんでノンアルコールビールを飲んでいます。(←これもあんまり良くはないかもしれないけど★)

でも、妊娠する前にやめれるにこしたことはありません!
私は根性なくってダメだったけど(^^;
青嵐さん、努力すること自体が大切だー!ファイト~(^o^)v

☆はなさんへ

なんだか現実味感じない。
体によくないから減らそうって
感じで、ゆっくり焦らないようにしようとは思っています。
つか、本気度どのくらいかホントわかんないです。

☆まどかさんへ

遅咲きスモーカーだったんですね^^
私の知り合いにも、減煙のことを話したら、やはり妊娠をすると吸いたくなくなって、そのままやめるように努力して今はモクモクしているところに行っても、お酒を飲んでも吸いたいって思わないようになった!って言っていました。
子供は~現実どうなるかわかんないけど、頑張って減らすようにします~~ぅ。

あらゆるドラッグの中でタバコが一番たちが悪い。
健康もさることながら、一番止められないからです。
私は昔、ヘロイン、覚せい剤、マリファナ、ケタミン(動物用麻酔)、コカイン、アルコール、ありとあらゆるサイケデリックス、病院のドラッグの乱用もしてきましたが、何も問題がなかった。
タバコは幼少時から嫌いだったので、今でも触ることもできません。
シンナーは脳が溶けることは確実なのでやりませんでした。

だからタバコを止めることの困難さはよくわかりませんが、医学的には覚せい剤を止めることの困難さに似ているそうです。
友人はタバコのほうが止めにくいといいますが・・・
それはきっと手軽に手に入るからでしょう。
国は税収のためにドラッグディーラーと化しているのです。

胎児への影響として一番悲惨なのが、無脳症の子供でしょう。
身近で何人か知っています。
早産もよくありますね。

昔から女はタバコを吸うなと言ってきたのは、そういうことだったのですね。

たばこはきっと止められます。
動機と意思の力は絶大ですから・・・
平行してストレスの緩和をしてあげてね。
精神科医も相談にのってくれるよ。

☆mossarinさんへ

タバコをやめるのは、本当に難しい。
吸っている年月が長いほど難しいですね。
ニコチン中毒ですから。

主治医は、私の仕事を知っているので、「難しいんじゃない?(笑)」ニヤけて言いますよ。
離職率の大変高い職種ですが、継続している人達の大半がヘビースモーカー。

ダーリンも、ダーの妹さんもタバコやめることに成功しているので、かなり立場無い><
吸ってない人や吸っているのに「やめれ」言う人には、「関係ないやん」っていえるけど、成功者には・・・うぐぐ。。。

無理なく減らして行きます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 | BLOGTOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。