プロフィール

せぃらん

Author:せぃらん
来てくれてアリガト♪
☆コメントありがとう♪


360度大自然に囲まれて
のんびりしたり忙しかったり
ぼ~っとしながら持病と
格闘したりしなかったり


2009☆お誕生日に
嫁になりました。
同居です☆

デジカメ画像 
持っていかないで 


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


最近のトラックバック



まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優先順位が?

優先順位って、瞬時に判断するのって、結構難しかったりします。
仕事をしていて、同時進行で3~4種類こなさなきゃいけないとき、でも同時になんて本当は無理なんですね。
ほぼ同時でありながら、どれを一番に仕上げるのか、なにを基本に進めるのかを瞬時に計算してこなさないといけません。
毎日こんな作業形態だと、いつもピリピリしているようなせわしなさにすごく疲れてしまって、余裕の無い精神状態に追い込まれるような危機感を感じてしまいますが、時々こんな作業がポン!と舞い込むと、それはそれでやりがいを感じちゃったりでもありますw

労基所に勤める友人の話だと、最近相談にくる求職者の多くが、その「優先順位」が立てられない傾向にあるらしいです。
単に、不慣れな作業ゆえに2個も3個も同時に出来ない~ならば、慣れればそのうち出来るのですが、、、、そうではなく、周囲の流れや求められている状況を判断する事が出来ない人が多く、いわゆる『KY』な仕事の仕方ゆえ、本人は一生懸命なつもりでも、求められている作業ではないゆえに、「この人は仕事が出来ない」と判断されてしまうケースが多いそう><
 うちの職場にも、そういった人、いました。(いや・・・いるか?)
他の一般職の経験が無い私なので、もしかしたら私だって、他の職業になれば、自分だけで精一杯になっちゃって、超KYな動きしちゃうかも。。。

その、友人の話だと、『素直さ』の問題だと、簡単に言えばそう言う事だそう。
言われた作業の前後の背景を知りたければ、それは自分で勉強する事であり、わからなければわかる人に「教えてください」となるのですが、、、、
自分が出来ないのを、人のせいにする人が多いみたいです。
(ちょい、耳が痛かった・・・・・)

話は少し変わるんだけど、でも優先順位の事で、不思議な事。
仕事などのように、その場の状況で瞬時に判断する優先順位とは違って、その場しのぎではなく、長期にわたって予定が組まれるようなもの。
そういう計画を立てる段階で、やはり、優先順位が『?????』な人、いますよね。
誰かに迷惑がかからないとか、自分が後で困っても人に全部押し付けたり放棄しなければ、それはそれで、自分なりのやり方って事で、アリかもしれません。
 
 知っている方で、お子さんがいて、旦那さんが居ない方がいらっしゃいます。
母子家庭なので、学校の費用など免除される事が多いですし、御両親に援助してもらいながら、安定している職についているので、金銭的にそう困る事は無いのですが。。。
子供さんが、『遠足でお弁当が必要』でも、「お金が無いからお弁当の材料買えない」といつも子供はコンビニ弁当・・・え?!
コンビニで買えるなら、材料買って作ったほうが安上がりなんじゃ???
子供がジャージが小さくなったので買って欲しい・・・となっても、「うちはお金が無い」
結局学校の先生が自腹で買ってくれたそうです・・・《先生大変・・・》
でも。。。。
よく、その女性は飲みに行っているんですね・・・・
そのうえ、よく見ていると、その方、雑貨系が大好きみたいで、携帯がデコってあったり、エナメル鞄に女子高生並みにジャラジャラ飾りがあったり・・・
もちろん、それだけ可愛いものが好きな人ですから、お洋服も安いとは言え、頻繁に買うみたいです。
子供は・・・結構同じ服着てます。。。
特に、子供に暴力を振るっているわけではないので、指導は入らないのですが、周囲に居る人から見ると、いつも基準が『自分』である彼女の子育ての様子は「ネグレストだよね?」なんて思われても仕方がないでしょう。。
あ、でも、学童保育もかねている私設の預かり所に、連絡も無しで3~4泊置き去りにして、その間、アパートでは犬を放置して、男性宅に泊まっていた・・・・
のは、ネグレスト&動物虐待ですよね・・・・

『だって!わたしは、旦那を早くに亡くして、わたしは鬱病なの!一生懸命やっているのに!』

指導が入ったときの、いいわけがコレでした。
子供は、結構冷めていて、「慣れているし、おばあちゃんちで暮らしてもいいし。」
そこで、おばあちゃんに引き取る事にしてもらうかどうか?の話になったとき、、、絶対に渡さない!と大暴れした彼女。。。そのおばあちゃんに金銭的に援助してもらっているのにね。
ってか、自分も一緒におばあちゃん達と暮らせばいいではないの?
ってなったのですが、結局あれこれ色々難癖をいい、元の木阿弥・・・
要するに、おばあちゃんに預けると、自分の補助が出ない・おばあちゃんから援助が無くなる・・・
結局、自分が優先1位なんです。

こういう人、、、友人曰く、珍しくないそうです。
自分で自覚していない・・・指摘されると、イラっとして攻撃されていると感じるらしいです。
この女性は、激しく変わっている部類だとは思いつつも。、。、、、、
なんだか、自分と重なる気がして怖かった。。。。

ちなみに、お子さんは、今、一人は独立して、もう一人は、自主的におばあちゃんの家で暮らしているそうです。
もう40過ぎているいい年のおばさんなのですが、未だに、自分のあり方を見えていない様子で、支払い能力のない金額のものをローンして買ったり、人の旦那さんとメールをしていることを周囲に「迫られちゃって困っているのぉ~♪」と、様々なトラブルを撒き散らしております><
実際に、過去に『鬱かも』と内科でデパスとワイパックスを処方してもらっていたことがあるそうですが(処方が変ですが?!)、鬱病とは診断されていないそうで、では、他の疾患の可能性があるかも?と、精神病院に行く事をすすめたのですが、何度か拒否。
しかし、デパスを1シートお酒と共に飲み、飲み屋で知りあった男性とホテルに行って、結果その男性も「この女おかしい」って思ったらしく、彼女が寝た隙に出て行ってしまい、お金を全く持っていなかった彼女は、警察に連絡しろとかなんとか大騒ぎして(別に何もとられていないし、むりやりホテルに連れて行かれたわけではないことは、飲み屋の人が証言してw)、その後、指導によって強制的に精神科で、パーソナル障害を含めて他の疾患の可能性があるかどうかを診察・検査してもらって、。。。。

結果は、「とても健康です」

え?健康診断に行ったのか?!


スポンサーサイト

<< 折角のチャンスだし| ホーム| ハンドのメンズ>>


Comment

今はまだ 泣かないしうんちもおしっこもないし病気もしないし、お腹なでて『かわいいな~』って思ってりゃすむけれど
子供に対する愛情って、産んでみたらどうなんだろう・・・ってゆう恐怖心はあります★
『33年間も自分中心で生きてきたのに、この子中心の生活に耐えれるんだろうか・・・しかもこの先ずっとやし・・・』って怯えてしまいます(>_<)ナサケナイ★

それでも、小さい子供の手を引いて歩いているお母さんがピンヒールのブーツ履いてたりすると
『おいおい、子供が急に走り出したりしたら自分は子供を守れるのか?』とか
いらぬ心配をしてしまったりします(_ _;)|||

子供がいる友達は「大丈夫やって~。」とさらりと言うのだけれど、いろんなお母さんがいますもんねぇ・・・。

そんな母親山ほどいるよ。
欧米の個人主義が、どこかで歪曲されて自己中心的になったんだと思う。
きつい言い方をすれば未熟なんだよ。
まぁ、そんなこと言っては成熟している成人なんてほんの一握りかもしれない。

だから俺は子供ができない女と結婚したのは我ながらいい選択だったなと思ってる。
妻には子供がいるから寂しくないだろうし・・・
だから若い愛人ぐらい一人欲しいな(笑)

俺たちの親の世代って、自分のことよりまず子供のことが最優先だった。
無償の愛って言うの。
だから今の若者は、恋愛ができないんだよ。
愛されることばかり要求して愛することができない。
パーソナリティの障害なんて、子供のペット化が主要原因だよ。
自分の意にそぐわない子供は愛さないんだもの。

☆まどかさんへ
もうすぐですね^^まめちゃん♪
冷えないように、体を大事にしてくださいな^^
 
この女性は特に変わっている部類だとは思います。若いママならともかく、今は既に四捨五入すれば50歳になる人ですし、『産まなきゃ良かった』『ジャマなだけで可愛くない』って平気で子供の前でも、子供が居なくてもいえる人ですから・・・(何故産んだのだろう???

ピンヒールママの他に、抱かないママも存在するらしいです。
ピンヒールママは、走らない子供に育て、抱かないママは、疲れるし洋服が乱れてオシャレが出来ないから抱っこしないそうです。
でも、これは、やはり極端な例でしょうね。
ピンヒールでダッシュして子供を捕まえるママを見たことがあるし^^

私は、結婚生活自体に「今まで一人で好き勝手やってきて、人と一緒に暮らせるのかな?」って不安は常にあります・・・><




☆mossarinさんへ

愛人><

語学学校に通っていた時、その学校の先生に『周りを愛するから、自らも愛されるのです。自らを愛するから周りも愛せるのです。
幼さは純粋さや若さとは別であり、自由はたった一人では味わう事の出来ない事です。』
と、教わった事があります。
これは、語学学校で、言葉が十分に話せずに、見た目も小学生と間違われていた私がなかなか皆と馴染めなくて、よく大喧嘩をしていた時に言われたのですけれど・・・

子育ては未経験なのでわかりませんが、それでも、対人間として、一緒に暮らしているのですから、自分の欲求を抑える事を知らずに相手を思えないのは、ココロ寂しいものですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 | BLOGTOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。